IMV CORPORATION テストラボ 受託振動試験 / テストラボ

テストラボのご案内

日本高度信頼性
評価試験センター

お客様の問題解決に焦点をあて、日本が誇る信頼性評価技術の粋を結集。様々な企業が補完し合い、分析技術の深堀り、新たな試験方法の提案、新設備の開発など高付加価値サービスを順次ご提供いたします。

上野原サイト 高度試験センター

所有設備一覧

所有設備仕様表

試験装置名 水平テーブル付単軸動電式複合振動試験装置 単軸動電式超高温複合振動試験装置
型名 A55S/SA5HAM/H6-H10/C A30/EA3HM/H8/C EMK0622/EH
画像
特長 水平複合試験
ISO19453対応
GB規格対応
高速度衝撃試験
水平複合試験
ISO19453対応
GB規格対応
超高温試験
ISO19453対応
GB規格対応
振動数範囲(~Hz) 2000 2600 2500




正弦波(kN) 55 30 61.7
ランダム波 (kN rms) 55 30 61.7
ショック波 (kN) 110 60(50) 123.4




正弦波(m/s2 900 789 1000
ランダム波 (m/s2 rms) 630 552 700
ショック波 (m/s2 peak) 1500 1500 2000



正弦波(m/s) 2 2 2
ショック波 (m/s peak) 2.5 2.5(3.5) 2
最大変位(mmp-p) 60 76.2 51
可動部質量(kg) 53 38 40
最大搭載質量(kg) 1000 400 1000
許容偏心 モーメント(N・m) 1550 850 980
振動台寸法(mm) Φ436 Φ290 Φ400





寸法(mm) 550
×
550
950
×
950
750
×
750
質量(kg) 75 75 110
ピッチモーメント(N・m) 4000 7700 7700
最大搭載質量(kg) 1200 2000 1600



湿
内法
W×D×H(mm)
1200
×
1200
×
1200
1000
×
1050
×
1000
800
×
800
×
800
温度範囲(℃) -70~+180 -70~+180 ~+900
温度変化率(℃/min.) 3 2
湿度範囲(%RH) 20~98 20~98
台数 2 1 1
試験装置名 ハイストレス温度サイクル試験装置
型名 SMS-21 ARSF-0800-15
画像
温度範囲(℃) -70~+180 -70~+180
湿度範囲(%RH) 20~98 10~98
温度変化速度 無試料時:5℃/分 無試料時:15℃/分
(-45⇔+155℃) (-45⇔+155℃)
ケーブル孔(mm) Φ50/10 (左右1ヶ所ずつ) Φ50 (左右1ヶ所ずつ)
内法 W×D×H(mm) 1200×1500×1000 1000×800×980
内容量(L) 1800 784
床耐荷重(kg) 200 70
台数 2 2
方式 腐食促進試験装置
型名 CYP-200 CYP-90
画像
塩水噴霧量 1.5±0.5ml/h/80cm2
塩水温度(℃) +35/+50
噴霧圧力(Mpa) 0.098 ±0.0025
乾燥(%) 25 (60℃)
湿潤(%) 60~95(+50℃)
ケーブル孔(mm) φ100 (1ヶ所) φ50 / 100(各1ヶ所)
内法 W×D×H(mm) 2000×1000×1000 900×500×600
床耐荷重(kg) 200 50
台数 2 2
試験装置名 垂直補助テーブル
型名 TBV-950S-A65-M TBV-750S-A45-M TBV-550S-A65-M
画像
上限振動数(Hz) 1000 1000 2000
質量(me kg) 120 50 48
寸法(mm) 950×950 750×750 550×550
試験装置名 立方体治具
型名 TCJ-B300-A65-M TCJ-B200-A65-M
画像
上限振動数(Hz) 600 2000
質量(me kg) 14 7
寸法(mm) 300×300×300 200×200×200

日本高度信頼性評価試験センター e-Test Centre Japan

〒358-0014 埼玉県入間市宮寺4102 番142
TEL:04-2009-1043 FAX:04-2009-1044

大きな地図で見る

PageTop