表1 基本的環境試験規格 IEC60068-2、IEC60068-3、対応JIS

IEC 対応するJIS C コメント
(以下では番号の前のIECを省略、題名の冒頭の
"Environmental testing Part2: tests 又は
Part3: Supporting documentation and guidance”を省略)
(以下では番号の前のJIS Cを省略、()内は旧番号、題名の冒頭の"環境試験方法-電気・電子-”を省略)
60068-2-6: 2007 Test Fc: Vibration
(sinusoidal)
60068-2-6: 2010
正弦波振動試験方法
振動試験理解のための基本事項が学べる、正弦波は実際の環境と違うことが多いので注意。
主な改訂内容は、多点制御の記述追加、及び試験報告書への記載事項が要求項目として追加。
60068-2-7: 1983 Test Ga: Acceleration,
steady state
60068-2-7: 1993 (0045)
加速度(定常)試験方法
 
60068-2-27:2008 Test Ea: Shock 60068-2-27: 2011(0041)
衝撃試験方法
衝撃専用機械式試験機又は加速度、速度変化が大きくなれば動電式振動試験機が使える
60068-2-29: 1987 Test Eb: Bump(廃止) 60068-2-29: 1995 (0042)
バンプ試験方法(廃止)
IEC、JIS規格ともに 60068-2-27と併合され、廃止された。
60068-2-31: 2008 Test Ec: Drop and
topple, primarily intended for
equipment -type specimens
60068-2-31: 2013 (0043) 落下試験及び転倒試験方法  
60068-2-32: 1975 Test Ed: Free fall(60068-2-31と併合され廃止) 60068-2-32: 1995(0044)自然落下試験方法(廃止) JIS-C-60068-2-31と併合され廃止
60068-2-47: 2005 Mounting of
specimens for vibration, impact and
similar dynamic tests
60068-2-47: 2008 (0047) 動的試験での供試品の取付方法 治具設計に関する情報あり、一読の価値あり。
JISは、1999年版のIECに一致している。
2005年版IECには、柔軟な包装の場合の扱いが追加された。
60068-2-50: 1983 Tests Z/AFc:
Combined cold/vibration (sinusoidal)
tests for both heat-dissipating and non- heat-dissipating specimens
60068-2-50: 1997 (0038) 発熱供試品及び非発熱供試品に対する低温/振動(正弦波)複合実験。
60068-2-53:2014へ統合され廃止。
IEC規格は、2-53へ併合されている。
60068-2-51: 1983 Tests Z/BFc:
Combined dry heat/vibration (sinusoidal) tests for both heat- dissipating and non-heat-dissipating specimens
60068-2-51: 1997 (0037) 発熱供試品及び非発熱供試品に対する高温/振動(正弦波)複合実験
60068-2-53:2014へ統合され廃止。
IEC規格は、2-53へ併合されている。
60068-2-53: 2010 Environmental testing - Part 2-53: Tests and guidance - Combined climatic (temperature/humidity) and dynamic (vibration/shock) tests 60068-2-53: 2014 (0039) 発熱供試品及び非発熱供試品に対する低温・高温/振動(正弦波)複合試験の指針 IEC規格は2010年に改正。現JISは1984年度版のIECに一致する。
60068-2-55: 2013 Test Ee and guidance: Bounce 60068-2-55: 2014 ルーズカーゴに対するバウンス試験及び指針 包装貨物が荷台で飛び跳ねる状態を再現する試験、専用の機械式試験機を使う。日本では専用試験機が普及していない。
飛び跳ねは、表7-4のISO 13355の考え方で可能。
60068-2-57: 2013 Test Ff: Vibration- Time-history method 60068-2-57: 2002 (0057)
時刻歴振動試験方法
応答スペクトルで試験の厳しさを規定する試験。主として耐震試験用、3軸同時試験を推奨。
60068-2-59:1990 Test Fe: Vibration- Sine-beat method 60068-2-59:2001 (0056)
サインビート試験方法
主として耐震試験用、時刻歴試験が出来ない場合の簡易試験。
60068-2-64: 2008 Test Fh: Vibration broad-band random (digital control) and guidance 60068-2-64: 2011
広帯域ランダム振動試験方法及び指針
実際の環境のほとんどがランダム振動である 、ランダム振動試験の理解、試験テクニックの勉強に有効。
60068-2-65: 1993 Test Fg: Vibration acoustically induced 60068-2-65: 2006
音響振動
ジェットエンジン、ロケットエンジンの発する120dB以上の音響の再現。
60068-2-75: 2014 Test Eh: hammer tests 60068-2-75: 2004
ハンマー試験
製品に他の物体が衝突する環境をハンマーで再現。
60068-2-80: 2005 Test Fi:
Vibration mixed mode
JIS-C-60068-2-80:2009 自動車エンジン、回転機械の振動を再現する試験。sine on random, random on randomなど。Sineの掃引速度と制御誤差の関係が示されている。
60068-2-81:2003 Test Ei: Shock- Shock response spectrum synthesis testing 60068-2-81: 2007
衝撃応答スペクトル合成による衝撃試験方法
衝撃応答スペクトルで試験の厳しさを規定する衝撃試験、ロケット段間分離衝撃で伝統的に使われている
60068-3-3: 1991 Guidance, Seismic test method for equipments 60068-3-3:2000 (0055)
機器の耐震試験方法の指針
この指針で2-6、2-57又は2-59を選択する。
60068-3-8: 2003 Selecting amongst vibration test 60068-3-8: 2006
振動試験方法の選択の指針
正弦波、ランダム、混合モードのうちどれを選択すべきかの指針。
60721-2-9:2014
Measured shock and vibration data - Storage, transportation and in-use
JIS C 60721-2-9:2015
測定した衝撃及び振動のデータによる環境条件の規定:保管,輸送及び使用中の条件
測定したデータから環境条件(試験条件)を選定するための手段を明確にするために用いる事項について規定する。(テーラリングに関する規定)