表5-1 自動車部品振動試験規格 ISO 16750

試験規格 コメント
ISO 16750: 2012: Road vehicles - Environmental conditions and testing for electrical and electronic equipment
Part 1: General
Part 2: Electrical loads
Part 3: Mechanical loads
Part 4: Climatic loads
Part 5: Chemical loads
ここではPart 3に注目する。 Part 3は、乗用車、商用車にわかれているがここでは乗用車について紹介する
ISO 16750:2012:Part3: Mechanical loads乗用車の概要 取付部位毎に試験が規定されている
Test 1:engine SOR+温度サイクル 22h/axis  
Test 2:gearbox SOR+温度サイクル 22h/axis  
Test 3:Flexible plenum chamber Sine sweep+温度サイクル 22h/axis  
Test 4: sprung masses (vehicle body) Random+温度サイクル 8h/axis 2012年の改訂によりPSDパターンが変更となっている。
Test 5: unsprung masses (wheel, wheel suspension) Random+温度サイクル 8h/axis 変位、速度が大きくなる低振動数は必要な場合、個別に規定すべきとしている
Test 10: fuel rail (gasoline engine with GDI-system) SOR+温度サイクル 40h/axis  
Test 11:solid intake manifold SOR+温度サイクル 22h/axis  
TEST 12: exhaust pipe_ a Sine sweep+実際の温度 (例 600℃) 50h/axis valid for sensors with
natural frequencies >
1000 Hz;
TEST 12: exhaust pipe_ b 温度条件   要求先と調整
TEST 12: exhaust pipe_ c SOR+温度サイクル 40h/axis 温度は要求先と調整

表5-2 自動車部品振動試験規格 JIS D 1601

試験規格 コメント
JIS D 1601: 1995 自動車部品振動試験方法の乗用車系(1種)の概要 エンジン以外はRandomであるべきと思うが、歴史がある規格のため、急に変えるのは困難なのか。
A種:ボディ又はばね上、比較的振動が小さい 共振検出
振動機能試験
振動耐久試験
すべてSine
A~Dの各試験は加速度
レベルを2~7段階から選択するようになっている。
振動耐久時間:上下4h/軸
左右2h/軸
前後2h/軸
B種:ボディ又はばね上、比較的振動が大きい
C種:エンジン、比較的振動が小さい
D種:ばね下又はエンジン、比較的振動が大きい